毎日エクステンション・プログラム
「日中友好宗教者懇話会 北京・福建省参拝団」 <報告>

Top事業内容毎日エクステンション・プログラム >日中友好宗教者懇話会
第14次日宗懇 北京・福建省参拝団報告

■修了のご報告■
今夏の「毎日エクステンション・プログラム」は、当初「北京大学サマーキャンパス2013」企画として『稲作のルーツ&青磁の故郷を訪ねる考古学の移動教室』を計画していましたが、諸般の事情から催行最少人数に達せず、残念ながら催行中止となったことから、今回、代替え企画として旅行企画・実施を引き受けていた「第14次日宗懇 北京・福建省参拝団」の一団員として急遽、同行することにしたものです。




日中友好宗教者懇話会


2012年9月11日の日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化から端を発した日中関係の悪化は、2013年8月12日に「日中平和友好条約締結35周年」の記念日を迎えたものの、記念行事等は一切行われず、政治をはじめ、経済や民間の文化交流にまで影響が及び、先行き不透明な8月下旬、日中友好団体として長い伝統と実績を誇る日中友好宗教者懇話会(以下、日宗懇と略称)の「第14次日宗懇 北京・福建省参拝団」の一行15名の訪中が実現しました。

日宗懇は、第二次世界大戦で日本に強制連行され、亡くなった中国人の慰霊と遺骨の送還を続けていた「中国人俘虜殉難者遺骨返還委員会」(1953年3月設立)が前身となり、1967年5月に創立されました。1972年の日中の国交回復までの間は、日中仏教交流の唯一の窓口として両国の友好に大きな役割を果たし、国交回復後も訪中団の派遣や訪日団の受け入れなど、相互の友好交流の促進に永年にわたり貢献してきたことで知られています。

最近の主な動きとしては、2011年3月11日に発生した東日本大地震のため、中国仏教協会は、同年3月16日に北京の広済寺で盛大な冥福法要を営み、中国仏教協会会長の伝印長老、副会長の学誠法師、事務総長の王鍵氏をはじめ、同協会メンバーや北京の有力寺院の200人余りの法師、北京居士林の300人余り在家信者など計500人余りが法会に参加しました。同法会に際しては、義捐金100万元を集めたとも言われています。

中国側の冥福法要への答礼の意をも込め、2011年9月5日、持田日勇会長をはじめとする「第13次日宗懇 北京・天津参拝団」の一行18人が中国仏教協会を表敬訪問しました。日中双方は、先ず第二次世界大戦の際、日本で亡くなった中国人労働者のための追悼法要営みました。中国側は中国仏教協会会長の伝印長老、副会長の学誠法師、副秘書長兼広済寺方丈演覚法師を導師に執行し、日本側は持田日勇会長、山田俊和理事長、吉田文堯副会長を導師に執行し、中日仏教界代表者として物故者に対する読経祈祷が行われました。続く会見の場では、日宗懇の持田会長の永年の功労に対して中国仏教協会から「中日仏教友好使者」の称号が授与されました。また、副会長の学誠法師は「将来も、中国仏教協会前会長の故・趙朴初氏が提唱した『黄金の絆』の精神を持ち続け、努力をして両国仏教界の友好を発展させましょう」と述べました。

こうした相互交流の流れを受け、2012年に「第14次日宗懇 北京・福建省参拝団」が計画されましたが、諸般の事情によって延期を余儀なくされ、更には、以前から「日宗懇・参拝団」の旅行を請け負っていた旅行会社から、中国との文化交流で実績ある竃日エデュケーションに対して、同業務の引き継ぎ要請があり、2013年春になって「毎日エクステンション・プログラム」の一環として催行する運びとなったのが今回の「日宗懇 北京・福建省参拝団」です。旅行企画・実施会社として、伝統ある「日宗懇・参拝団」を絶やしてはならないという思いとともに、ギクシャクした日中関係の現状を、両国仏教界の交流の場を通して探りたく、一般参加の一団員として同行した旅のレポートを、ここに謹んでご報告申し上げます。

日中友好宗教者懇話会

『第14次日中友好宗教者懇話会 北京・福建省参拝団』  最終日程表

2013年8月26日〜8月31日 5泊6日間

■企画・主催: 「日中友好宗教者懇話会・訪中代表団」 事務局
■旅行企画・実施: 株式会社 毎日エデュケーション


日(曜日) 都市 主な日程・見学内容 食事・宿泊
8/26(月) 羽田
北京
河北省
香河県
羽田から航空機にて北京へ
10:00発〜12:20着
夕食後、天下第一城
夜:「国家宗教事務局」及び 「中国仏教協会」表敬訪問
リンク 1日目のレポートはこちら
─・機・夕
北京
「国都大酒店」
8/27(火) 北京
福州
赤岸鎮
早朝:国内便にて福州へ
昼食後、高速路で赤岸鎮
「空海大師記念堂」 「空海漂着記念碑」
夜:「福建省仏教協会」との歓迎・懇親会
リンク 2日目のレポートはこちら
朝・昼・─
福州
「西湖大酒店」
8/28(水) 福州
莆田
午前:「福州開元寺」参拝
「海法寺」
蔵書見学
昼食後、高速路で莆田へ
夕刻:「廣化寺」参拝
リンク 3日目のレポートはこちら
朝・昼・夕
莆田
「錦江酒店」
8/29(木) 莆田
泉州
午前:莆田より高速路で泉州へ
到着後「泉州開元寺」参拝
昼食後、泉州市内散策
夜:お別れ会
リンク 4日目のレポートはこちら
朝・昼・夕
泉州
「泉州酒店」
8/30(金) 泉州
厦門
午前:泉州より高速路で厦門へ
到着後「南普陀寺」参拝
昼食後、恵和石文化園 見学
夕食後:閩南神韵芸術団 鑑賞
リンク 5日目のレポートはこちら
朝・昼・夕
厦門
「海景大酒店」
8/31(土) 厦門
羽田
午前中、コロンス島 観光
正午頃、厦門高崎国際空港にて出国手続き
午後:厦門から航空機にて羽田へ
15:00発〜19:30着
リンク 6日目のレポートはこちら
朝・機・─


「毎日エクステンション・プログラム」のお問い合わせはこちら

【受託販売・研修企画・運営】
株式会社 毎日エデュケーション

東京都知事登録旅行業第3−6134号・社団法人日本旅行業協会正会員
〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル1階

【お電話でのお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-655153   「毎日エクステンション・プログラム」 係

【インターネットからのお問い合わせ】






ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188
月〜金/第1・3土 9:30〜18:00
インターネットからのお問い合わせ