第1回 毎日エクステンション・プログラム
海外研修ツアー「中国四大博物館を巡る旅」ご報告

Top事業内容毎日エクステンション・プログラム >中国四大博物館を巡る旅 ご報告
中国四大博物館を巡る旅


来夏に延期された「北京大学サマーキャンパス2009」に替わる「中国四大博物館を巡る旅」が無事、終了しましたので、ここに謹んでご報告申し上げます。

「中国四大博物館を巡る旅」(2009.8.21〜28) ご報告

中国旅行記今回のツアーは関係者4名によるグループ旅行として催行したこともあり、限りなく個人の自由旅行に近いものとなりました。 ツアーの特色としては、中国を代表する四大博物館の見学とともに、世界遺産の見学を組み入れたことです。 中国五千年の歴史を学ぶ「毎日エクステンション・プログラム」の新たな試みとして催行に踏み切りましたが、四大博物館ともに膨大な重要文物を抱えており、個性的な展示を競っていました。また六カ所の世界遺産では大勢の内外の観光客が押し寄せ、中国での世界遺産ブームを目の当たりにすることができました。

  中国四大博物館の見学

「中国四大博物館」と言えば、中国最大の規模を誇る北京の「中国国家博物館」(旧・中国歴史博物館)を外す訳にはいきませんが、残念ながら現在改築、拡充工事中で閉館されているため、今回は2006年に一般開放された「首都博物館」に切り替え、見学することにしました。

その「首都博物館」を皮切りに、「鄭州博物院」「陝西省歴史博物館」「上海博物館」を巡りましたが、いずれも魅力ある重要文物の展示に魅了され、約2時間の見学時間では、やや物足りない位でした。

今回は考古学的な見地から商・周時代の青銅器、玉器、陶磁器類を中心に見学しましたが、日本と違って、どの博物館でも撮影が許可されていることでした。一行は少々驚きながら、シャッターを押し続けました。

博物館
博物館

  世界遺産6カ所を訪れて

「世界遺産」は、北京の「故宮博物院」「万里長城」「明十三陵」「頤和園」、洛陽の「龍門石窟」、西安の「兵馬俑博物館」の6カ所を日程に組み入れましたが、いずれも中国が誇る世界遺産だけあって、その雄大さと内容の豊富さには圧倒されました。8月の夏休み中とあって、どこも早朝から大勢の観光客が押し掛けていましたが、入口付近には、どこも世界遺産指定の記念プレートが誇らしげに飾りつけてあり、大型のオーロラビジョンで盛んに宣伝している状況にはやや興ざめでした。


世界遺産
  そのほかの見学・観光

少人数のグループ旅行という形をとったため、当初の日程以外の見学もできました。中国茶に興味ある参加者のため、北京の「老舎茶館」と上海・豫園の「湖心亭」が組み入れられ、鄭州では「鄭州商城」、洛陽では「天子駕六博物館」、西安では「阿部仲麻呂記念碑」を追加見学。それぞれ世界遺産ではありませんが、どれも歴史的価値のある隠れた遺跡で、「中国五千年の歴史」の一端を学ぶことができました。更に、北京2日目の夜は前門飯店「梨園劇場」での京劇鑑賞、最終日程の上海では夜の「黄浦江クルーズ」を楽しむことができました。




以上、「中国四大博物館を巡る旅」は向学心旺盛な参加者ということもあって、当初予定よりもかなり強行日程となりましたが、参加者の皆さんのご協力により、何とか無事に終了することができました。主催者として心より感謝申し上げます。

中国旅行記




ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188
月〜金/第1・3土 9:30〜18:00
インターネットからのお問い合わせ