毎日エクステンション・プログラム
福建省の古代遺跡を訪ねる旅<報告>

Top事業内容毎日エクステンション・プログラム > 福建省の古代遺跡を訪ねる旅
福建省の古代遺跡を訪ねる旅


■修了のご報告■
毎日エクステンション・プログラム「北京大学・サマーキャンパス2019」 『福建省の古代遺跡を訪ねる旅』が無事、修了しましたので、ここに謹んでご報告させていただきます。




「毎日エクステンション・プログラム」では2010年以降、主に毎日エデュケーションと北京大学考古文博学院の共催で、毎夏、中国考古学に関心のある方を対象とした夏期特別講座「北京大学・サマーキャンパス」を開催して参りました。
2010年の「中原に点在する重点遺跡を巡る大陸縦走バスツアー」を皮切りに、2011年には「敦煌から西安へ・河西回廊の仏教遺跡を訪ねる旅」、2012年には「草原の王朝遺跡(遼・元)を巡る旅」を開催してきましたが、2013年と2014年には日中関係悪化の影響で中止を余儀なくされ、代替企画として2014年秋に陝西省考古研究院・焦南峰先生及び北京大学考古文博学院の徐天進先生のご支援によって「陝西省西安・考古工作視察の旅」が実現し、「秦漢渭河橋遺跡」や「周原遺跡」等での発掘現場を見学することができました。2015年には浙江省文物考古研究所・孫国平先生のご協力で「稲作のルーツ&南宋文化の粋を訪ねる旅」が実現し、稲作のルーツとされる新石器時代の「河姆渡遺跡」「田螺山遺跡」の見学とともに、南宋時代の文化の粋を求めて浙江・江南地方に点在する陶磁器類の文化遺産を訪ねることができました。2016年には四川省文物考古研究院・高大倫院長のご協力で、「四川省の古代遺跡を訪ねる旅」が実現し、古代蜀王国の「三星堆遺跡」「金沙遺跡」の見学とともに、世界複合遺産「楽山大仏」等を訪ねることができました。2017年には湖北省博物館・方勤館長のご協力で「湖北省の古代遺跡を訪ねる旅」が実現し、新石器時代の重要遺跡「盤龍城遺跡」「石家河遺跡」をはじめ、楚文化を代表する「荊州熊家冢墓」「曽候乙墓」を見学することができました。2018年には山東省文物考古研究院の劉延常先生のご協力で「山東省の古代遺跡を訪ねる旅」が実現し、新石器時代後期の「焦家遺跡」「竜山・城子崖遺跡」を始め、世界自然文化遺産の「泰山」、春秋戦国時代に栄えた斎と魯の拠点を訪ねることができました。
今回の2019年は福建省文物考古研究所の楼建龍所長のご支援・協力により、中国大陸南東部に位置する「福建省の古代遺跡を訪ねる旅」が実現し、旧石器時代の「万寿岩遺跡」、新石器時代の「明渓南山遺跡」をはじめ、春秋戦国期の閩越王国の拠点、「天目茶碗」で有名な「建窯遺祉」、更には世界遺産の「武夷山風景区」「コロンス島」等を訪ねました。
以下、広大な中国大陸の自然と風を肌で感じながら、福建省東部地帯に点在する古代遺跡を訪ねた考古学の『移動教室』の模様を、日を追ったレポートとしてご報告申し上げます。

福建省の古代遺跡を訪ねる旅


『福建省の古代遺跡を訪ねる旅』  日程表

日(曜日) 主な日程・見学内容 食事・宿泊
9/24(火) ●8:00 成田空港集合
成田から航空機にて厦門へ
NH935便 10:05−13:25
●厦門国際空港着、福州市へ新幹線にて移動。
G1694(新幹線) 厦門北駅15:46−福州駅17:34
福州駅からバスにてホテルへ。

リンク 1日目のレポートはこちら
昼食は機内食
夕食はレストラン

福州泊@
9/25(水) 終日、バスにて福州市内を見学。
【午前】福州市閩候県へ 約20キロ・40分
【午後】14:00 表敬訪問 「特別講義」
18:00 「歓迎夕食会」

--見学遺跡・場所--
「福州開元寺」
「昙石山遺蹟」
「福建省博物館」見学
「福建省文物考古研究所」
「福建省の古代遺跡」


リンク 2日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食はレストラン
夕食は歓迎夕食会

福州泊A
9/26(木) 【午前・午後】 7:30ホテル発  福州市からバスにて三明市明渓県へ。 約300キロ・4時間半
【夕刻】 見学後、明渓県からバスにて三明市三元区岩前鎮へ移動。ホテルへ。約145キロ・2時間

--見学遺跡・場所--
「明渓南山遺跡」 2017年「中国考古新発見」(中国社会科学院)
「万寿岩遺跡」 2000年

リンク 3日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食はレストラン
夕食はレストラン

三明市泊B
9/27(金) 【午前】 7:10ホテル発 三明市から新幹線にて武夷山東へ。
G2380(新幹線) 三明駅08:08−武夷山東駅09:02
武夷山東駅からバスにて武夷山市興田鎮へ。 約7キロ・15分
【午後】 武夷山市からバスにて浦城県へ。 約80キロ・1時間
【夕刻】 浦城県からバスにて武夷山市内へ。 約115キロ・1時間半

--見学遺跡・場所--
「城村漢城跡」*世界遺産
「建興窯」
(孫建興老師工房)
 「猫耳山遺跡」2005年
 「管九土敦墓」2006年

「竜頭山遺跡」
*2018.新華社

リンク 4日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食はレストラン
夕食はレストラン

武夷山泊C
9/28(土) 【午前・午後】 7:30ホテル発 武夷山市からバスにて南平市光澤県へ。 約130キロ・2時間
【夕刻】 南平市光澤県からバスにて武夷山市へ。約130キロ・2時間

--見学遺跡・場所--
「崇明古陶瓷博物館」訪問
「大紅袍茶樹」
「建窯遺址・遇林亭窯址」


リンク 5日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食はレストラン
夕食はレストラン

武夷山泊D
9/29(日) 【午前】バスにて武夷山市内。
【午後】武夷山市から新幹線にて厦門市へ。
D2353(新幹線) 武夷山15:29−厦門北駅18:38
【夕刻】夕食後、ホテルへ。

--見学遺跡・場所--
「武夷山風景区」*世界遺産  九曲渓筏下り、武夷山大王峰
「御茶園遺址」
(万里茶道)

リンク 6日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食はレストラン
夕食はレストラン

厦門泊E
9/30(月) 【午前】 バスにて厦門市内
【午後】  ≪帰国≫
●厦門から航空機にて成田へ。約1時間
NH936便 14:25−19:25
<成田国際空港着>

--見学遺跡・場所--
コロンス島見学 *世界遺産

リンク 7日目のレポートはこちら
朝食はホテル
昼食は機内食

注:遺跡の年号は「中国十大考古新発見」の選出年。

「毎日エクステンション・プログラム」のお問い合わせはこちら

【受託販売・研修企画・運営】
株式会社 毎日エデュケーション

東京都知事登録旅行業第3−6134号・社団法人日本旅行業協会正会員
〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル1階

【お電話でのお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-655153   「毎日エクステンション・プログラム」 係

【インターネットからのお問い合わせ】






ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188
月〜金/第1・3土 9:30〜18:00
インターネットからのお問い合わせ