第8回 毎日エクステンション・プログラム
「北京大学・サマーキャンパス2013」

同行予定者のプロフィール

 徐 天進 (じょ てんじん)
徐 天進教授

1958年生  北京大学考古系博士課程修了
現在、北京大学考古文博学院教授

2004年2月に結成された陝西省考古研究所と北京大学考古文博学院による周公廟考古調査隊の責任者として現在もフィールド活動中で、その活動状況及び最新の研究成果について、世界を舞台に講演活動を展開している。周の王墓群とみられる大陵墓遺跡発掘のニュースは、当時、わが国でも「20世紀初頭の殷墟発掘に次ぐ最大級の発見」として、その成果に大きな期待が寄せられました。

■弊社創業1周年記念「早稲田大学・特別講演会」にて、講演いただいた際の報告
⇒ http://www.myedu.co.jp/continuing/waseda_seminar.html



 杭 侃 (こう かん)
杭侃先生

1965年生  北京大学考古系博士課程修了
現在、北京大学考古文博学院副院長

これまでに河南省古代建筑研究所(1986〜1992)、上海博物館(1998〜2003)、上海市歴史博物館(2003〜2007)、北京大学考古文博学院(2007.8至今)に在籍、主たる研究分野は、宋元考古、佛教考古、博物館学。今回は「草原の王朝(遼・元)遺跡群」についての特別講義とともに、全行程の同行講師として、内モンゴル自治区、遼寧省、河北省に点在する遺跡について、分りやすく現地解説していただきます。



 稲畑 耕一郎 (いなはた こういちろう)
稲畑 耕一郎教授

1948年生 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了
現在、早稲田大学文学学術院教授

これまでに南開大学東方芸術系客員教授、北京大学中国古文献研究センター客員教授などを兼任。専攻は中国古代文学。1998年、世田谷美術館での「四川三星堆」展示プロジェクトをはじめ、「秦の始皇帝とその時代」、「曽侯乙墓」の展示プロジェクトなどに携わる。著訳書に「一勺の水」、「中国古代文明の原像」(共編著)、「屈原研究・屈原賦今訳」(訳)、「万暦十五年」(共訳)など多数。

■早稲田大学 文学部中国語中国文学コース/大学院文学研究科中国語中国文学コースのホームページ
⇒ http://www.waseda.jp/bun-chubun/kyoin.html

■科学研究費補助金データベース掲載の研究実績
⇒ http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30063803




ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188 (代表)
月〜金 10:00〜17:00

インターネットからのお問い合わせ