第2回 毎日エクステンション・プログラム
海外研修ツアー「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」

Top 生涯学習事業毎日エクステンション・プログラム >第2回 聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅

【緊急のお知らせ】

――ケーツン・サンポ師の訃報について――
2010年3月催行予定の第2回毎日エクステンション・プログラム「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」にて、カトマンズ東郊外にあるチベット仏教ニンマ派寺院(Nyingmapa Wishfulfilling Center for Study and Practice)の高僧、ケーツン・サンポ師の特別法話を拝聴することになっておりましたが、師は享年90歳のご高齢により、誠に残念ながら12月6日に逝去されていたことが現地カトマンズの関係者からの連絡で判明いたしました。 生前の2009年11月、現地の関係者が寺院を訪れた際には、ご高齢にもかかわらず、われわれの寺院訪問を快諾していただき、懐かしい日本からの来客との再会を楽しみしている旨のメッセージをいただいておりました。 突然の知らせに、関係者一同、驚きと悲しみにつつまれておりますが、師の生前の恩義に対し、ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。


――「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」催行中止について――
ケーツン・サンポ師の逝去に伴い、現地カトマンズへは関係者による弔問の形に切り替えさせていただきたく、グループツアーとしての「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」につきましては、残念ながら催行中止とさせていただきます。お問い合わせいただいた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、事情をご勘案いただき、ご理解賜りますようお願い申し上げます。





以下、参考として第2回毎日エクステンション・プログラム「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」の概要を掲載さえていただきます。



第二回毎日エクステンション・プログラム「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」


「毎日エクステンション・プログラム」の第二弾として、日本大学芸術学部・此経啓助教授を学術顧問に迎え、アジア仏教に関心のある方々を対象に、仏教東進の足跡を求め、少人数のグループツアーとして聖地ヒマラヤに点在する仏教寺院や仏教遺跡を訪ねます。

今回はカトマンズの東郊外にあるチベット仏教ニンマ派の寺院(ゴンパ)を訪問し、高僧ケーツン・サンポ師による特別法話を拝聴することによって、チベット仏教の神髄に触れます。また、カトマンズ近郊にあるチベット仏教各派の寺院見学と同時に、ネパール仏教についても在家僧による法話やネパール国立博物館の学芸員の解説によって、その概要を学びます。
更に、ヒマラヤの神々が宿るエベレストの峰々を展望する1泊2日のオプションツアーも組み入れており、心身ともに癒されるひと時を味わうことができます。

シェドゥプ・ドゥンジョリン寺

「聖地ヒマラヤの神々を訪ねる旅」(グループツアー)概要

日程 2010年3月17日(水)〜3月23日(火) / 6泊7日 (実質4泊5日)
研修企画・運営 株式会社 毎日エデュケーション
旅行企画・実施 西遊旅行
内容 (1) チベット寺院(ニンマ派)訪問及び特別法話
(2) チベット仏教各派の寺院見学及びネパール寺院での一般法話
(3) ネパール国立博物館見学
(4) ヒマラヤ・エベレスト峰展望(ナガルコット)
募集定員 最大10名 (最小催行6名)
※お申込先着優先にて締め切らせていただきます。
※弊社スタッフ同行のグループツアーとなります
宿泊ホテル カトマンズ(3泊)「ヤック&イエティ」又は同等クラス
ナガルコット(1泊)「ビューポイント」又は同等クラス
食事 機内食及び利用するホテルの朝食を除き、現地での昼食4回、夕食4回分は各自の現地精算となります。
航 空 便 タイ国際航空 (エコノミークラスの関西空港発着便となります)
参加費 関西空港発着  250,000円 (お二人部屋利用)
※旅行代金には査証代3,000円+代行手数料4.200円、関空航空施設利用料2.650円+ネパール空港税約2,100円、燃油特別付加運賃(関空〜バンコク〜カトマンズ往復分)約14,000円+航空保険料約2,000円及び現地でのラウンド費用等が含まれています。
※日本国内での交通費及び任意海外旅行傷害保険料、お一人部屋追加料金、現地での昼食・夕食代等は含まれていません。

日程

日次 日(曜日) 午前 午後 宿泊
1 3/17(水)   羽田空港発〜関西空港へ
(各自、搭乗手続き開始時刻の22:30頃までに関空に集合)
 
2 3/18(木) 00:30 関西空港発〜05:00バンコク着
10:35 バンコク発〜12:50カトマンズ着
(到着後、即ホテル・チェックイン)
カトマンズ市内観光 カトマンズ泊@
3 3/19(金) チベット仏教ニンマ派寺院への訪問。
「ケーツン・サンポ・リンポチェの特別法話」
ネパール仏教寺院ヒランニャ・バルナ・マハビハール
(別名ゴールデン・テンプル)での一般法話
カトマンズ泊A
4 3/20(土) ネパール国立博物館見学 エベレスト展望・ナガルコットへバス移動 ナガルコット泊
5 3/21(日) 早朝・軽トレッキング又は自由散策の時間 カトマンズへ移動、古都バクタプル(バドガオン)観光 カトマンズ泊B
6 3/22(月) 自由時間、ホテル・チェックアウト後、空港へ。 13:50 カトマンズ発〜18:25バンコク着
(バンコック着後、乗換の航空便にて帰国の途へ)
22:40 バンコク発〜関西空港へ
 
7 3/23(火) 06:10 関西空港着
(各自、関西空港にて解散後、羽田空港へ)
   

※ 旅行日程は、交通機関等の影響で一部変更の可能性があることを予めご了承下さい。
※ 羽田空港〜関西空港の往復便は、ご希望により格安航空券を手配します。

ケーツン・サンポ師のプロフィール

ケーツン・サンポ師

1974年、カトマンズ東郊外にあるチベット仏教ニンマ派のゴンパを創設して以降、若い僧たちへの教育・生活・指導に当っておられます。1962年に来日され、東洋文庫の外国人研究員等として約10年間、日本に滞在され、日本におけるチベット学研究に大きな足跡を残されました。
1983年に日本で開催された「大チベット展」(主催・毎日新聞社、毎日コミュニケーションズ)の監修者として、「ツクラカン―チベット密教の聖空間」の企画・制作に尽力され、日本人に大きな感動を呼び起こしました。



お問い合わせはこちら

株式会社 毎日エデュケーション
東京都知事登録旅行業第3−6134号・社団法人日本旅行業協会正会員
〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル1階

【お電話でのお問い合わせ】
電話番号 03-6267-4188   「毎日エクステンション・プログラム」 係

ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188
月〜金/第1・3土 9:30〜18:00
インターネットからのお問い合わせ