サラーム・キルギス・ビジット 2011年年末年始




〜日本とキルギスの国際交流プロジェクト 【ビジット・キルギス・キャンペーン】〜




2011年夏に、第1回「サラーム・キルギス・ツアー」が実施され、ツアー参加者の皆さんから「大変満足」(9割)と「満足」(1割)との評価を頂きました。この年末年始、第2回「サラーム・キルギス・ツアー」を開催します!

天山山脈や「天山の真珠」といわれるイシク・クル湖への訪問、遊牧民のテント「ユルタ」での宿泊、きらめく星空と流れ星の鑑賞、ホームスティ体験など、心に深く残る思い出になったと語る参加者たち。そして、全員が最も感謝感激したのは、キルギス式「おもてなしの心」でした。

★「サラーム・キルギス・ツアー2011夏」に同行したジャーナリスト佐藤慧さん特別寄稿はコチラ参加者体験談はコチラ


2011年末年始のキルギス・ツアーでは、参加者の皆さんに、「キルギスの冬とお正月」、そして、大好評の「おもてなしの心」を楽しんでいただきます!

2011年夏の参加者


 天国の四季に例えられる美しさ

山と湖が多いキルギスの景色は、四季によって本当に美しく変わっていきます。冬は、真っ青な湖の上方に真っ白な雪山。冬の寒さと長さは地域によって差がありますが、マイナス35度まで低下することもあります(1月中旬)。
冬は「寒い」というイメージが強いですが、キルギスで冬と言えばまず「楽しい」! 子どもたちは、スケート、ホッケー、スキーなどを楽しみます。そして、年齢に関わらず、冬の一番の楽しみは「お正月」です。日本ではお正月よりクリスマスを楽しむ人が多く、お正月を静かに過ごす人が多いですが、キルギスではお正月が一番盛り上がります。人びとは皆夢を信じてきっとお正月に何かいいことがおきるとワクワクしています。ケンカしていた人は仲直りをする、若者たちはお互いに告白しあう、プレゼントを贈る、子どもは親孝行をするなど、人びとは皆お互いを大切に思い、真心をもって尽くします。
冬は寒いですが、だからこそ人びとの心が温かくなります! キルギスの人びとは、いつも心の中で花を咲かせて、長い寒い冬を楽しみます。

キルギス冬景色

キルギス冬景色

サラーム・キルギス・ツアー2011年末年始・日程 (現地滞在:4泊5日)

2011年12月29日(木)キルギス着、 2012年1月2日(月)キルギス発

★下記の日程はアエロフロ−ト・ロシア航空ご利用の場合です。

日次 月/日(曜) スケジュール 食事・宿泊
1 12/28(水) ■モスクワ経由で、キルギスへ(ご自分で航空券をご購入ください)
13:05 (SU 0576便)成田発 *SU=アエロフロート・ロシア航空
18:25 モスクワ・シェレメチェボ国際空港着
22:55 (SU 1882便)モスクワ発
機内食
機内泊
2 12/29(木)
【午前】
■05:10キルギス・マナス国際空港着
■空港出迎え、各自ホームステイ先へ(休憩)。
■アラトー広場へ集合
■市内のレストランでブランチ。各自払い(1人8〜10ドル)
【午後】
■ビシュケク観光(キルギス国立大学、JICA事務所など)
【夜】
■各自ホームスティ先へ(交流&夕食)
―・―・夜
ホームスティ
ビシュケク市
3 12/30(金) 【午前】
■オルサイ(ORUSAI)山へ(ビシュケクから1時間半)。冬山散策など。
■山の中で、ロシア風サウナ「バーニャ(BANYA)」を体験。
【午後】
■ランチは手作りの料理。食材費は各自払い(1人5〜7ドル)
【夜】
■各自ホームスティ先へ(交流&夕食)
朝・―・夜
ホームスティ
ビシュケク市
4 12/31(土)
【午前】
■ゆっくりホームステイ宅で朝食後、ゲストハウスへ移動
■New Yearパーティのための買物(バザール)、料理、準備など。
■キルギス伝統の揚げパン“BORSOK”を皆で作る
■伝統的な新年を祝うロシア風サラダ“OLIVIE”を作る
■ランチは、ゲストハウスで。
【午後】
■年末年始のビシュケク市を散策(市場など)。
【夜】
■22:00〜年越しパーティ開始(JICAボランティアたちも参加予定)
■12:00AM シャンペンや花火で祝い、パーティは続く。ロシア風サンタクロース「スネグーラチカ」、ゲーム、ダンスなど。
朝・昼・夜
ゲストハウス
(原則2人部屋)
ビシュケク市
5 2012年
1/1(日)
【午前】
■新年の朝食を皆で作って食べる!
■アラ・アルチャ国立公園へ(移動時間1時間)。冬景色を楽しむ!
■市内のレストランでランチ。各自払い(1人8〜10ドル)
【午後】
■自由時間: 引き続き観光したい人、ゲストハウスでくつろぎたい人、ホームステイ先ともっと交流したい人など。
【夜】
■21:00までに、全員ゲストハウスに集合。(帰り支度は済ませる)。
朝・―・夜
ゲストハウス
(原則2人部屋)
ビシュケク市
6 1/2(月) ■3:30AMにゲストハウスを出発
■モスクワ経由で、成田へ
6:30 (SU 1883便)キルギス・マナス国際空港発、
9:10 モスクワ・シェレメチェボ空港着
21:00 (SU 0575便)モスクワ発
機内食
機内泊
7 1/3(火) ■11:40成田着 到着後、解散。  

★上記日程は、現地側の事情で変更される場合があります。確定日程については出発前にお渡しする最終日程表でお知らせ致します。
★航空会社: 日本からビシュケクまでの航空路線は、他にもトルコ航空やウズベキスタン航空などがありますが、スケジュ−ルや料金などを考慮しますと、アエロフロ−ト・ロシア航空をお薦めいたします。尚、往復航空便のご予約、航空券のご購入は各自、ご自分でお願い致します。
★出発日・帰国日に関しては、できるだけ上記日程に合わせてご予約下さい。しかし、やむを得ず前泊・延泊をご希望の場合は、宿泊料金が1泊につき、4,000円が追加でかかります。
★上記日程表中の国際線の便名、時間は予定です。今後、変更の可能性があります。


キルギス共和国の地図



より大きな地図で サラーム・キルギス・ツアー2011年末年始 を表示

キルギス関係者からのメッセージ

サマコワ・イバラットさん

■ NPO法人 ジャポン・キルギス・ビリムディギ 代表
  JAPON KYRGYZ BIRIMDIGI  
http://jkb-fund.com
  サマコワ・イバラットさんからのメッセージ

今回の「サラーム・キルギス・ツアー2011年末年始」は通常の旅ではなく、日本とキルギスの「大家族」で、2012年の新年を迎える大きなイベントでもあります。「家族」「愛情」をキーワードに、私たちは日本からキルギスに来てくださる皆さんのために「スペシャルな友好の旅」をご用意しました。
そして、キルギスの財産である豊かな自然の「冬のキルギス」を皆さんに体験して頂きたいです。ここで、キルギスの自然にまつわる有名な都市伝説をご紹介します。
昔昔、神様は世界中の人びとを集め、世界の土地を分配していました。皆出来るだけ良い土地をもらえるよう列に並び、自分たちの番を待っていました。でも、そこにキルギス人の姿はなかったのです。神様が土地を全部配り終わってから、最後に寝坊して遅刻したキルギス人がやってきたのです。そして、神様は優しくいいました。「しょうがないな。もう土地はなくなってしまったけれど、私が自分のために取っておいた天国の一部を贈ります。それを大切にしてください」
皆さん!「天国の一部」を訪ね、お正月を迎えませんか!私たちは心を込めて、皆さんが一生忘れられない思い出を持って帰れるよう一生懸命準備して、お待ちしています。ようこそ、真っ白な天国の一部に!


「サラーム・キルギス・ツアー2011年末年始」 募集概要

日程 2011年12月29日(木)キルギス着、2012年1月2日(月)キルギス発
期間 4泊5日(キルギス滞在期間)
訪問地 キルギス共和国
活動 キルギス国ビシュケク市内観光、文化体験(年末年始行事等)、ホームステイ体験
参加条件 大学生、社会人など。年齢や、言語力は問いません。
最少催行人員 5名 (定員20名) 
*4名以下でも催行できますが、参加費が変更になります。別途ご相談。
宿泊 ホームステイ(2泊)、ゲストハウス(2泊・原則2人部屋)
食事 機内食を除く朝食3回、昼食1回、夕食4回が参加費に含まれます。
添乗員 添乗員は同行しませんが、現地スタッフがお世話いたします。
航空券 各自、ご自分でご購入ください。推奨フライトは上記日程表をご参照ください。

参加費
105,000円
※キルギスまでの往復航空券代金、燃油サーチャージ、空港税、空港施設使用料、同保安サービス料金等は含まれておりません。別途必要です。
【参加費用に含まれるもの】
・日程に明示したキルギス国内の空港と宿泊場所間の送迎バス等の料金
・日程に明示した宿泊の料金
・日程に明示した観光に伴う入場料金
・日程に明示した食費
・当社事務手数料
※上記費用は、お客様のご都合により一部利用されなくても、原則として払い戻しはいたしません。

【参加費に含まれないものの例】
原則として、上記以外のもの。その一部を例示いたします。
・日本/キルギス往復の航空券・燃油サーチャージ、空港税、出国税、空港施設使用料、同保安サービス料等。
・食事の際の飲み物代
・希望者のみが参加するオプショナルツアーの旅行代金
・食事付きと明示されている以外の滞在中の食費
・個人使途費用の全て(電話代、クリーニング代、追加飲食費、個人的な飲料費・交通費・チップ等個人的性質の諸費用)
・日本国内のご自宅と集合地・解散地間の交通費・宿泊費・手荷物運搬費等
・任意の海外旅行保険料(別途ご案内)、旅行中の医療費及びそれに付随する費用
・託送荷物超過料金(規定の重量、容量、個数を超える分について)
・一人部屋追加料金
・渡航手続関係諸経費(旅券印紙代、証紙代、ビザ代、渡航手続取扱料金)
・個人的な別日程でキルギスに入国・出国する場合の、空港と宿泊場所間の移動交通費
企画 株式会社 毎日エデュケーション/JKB (財団法人ジャポン・キルギス・ビリムディギ)
参加条件 参加条件はこちらでご確認ください。 「参加条件」(PDF)
申込締切 12月1日(木)


詳しくは下記リーフレットにてご確認ください。

pdf 「サラーム・キルギス・ツアー2011年末年始」 リーフレット (PDF/583kb)

ツアー説明会のご案内

サラーム・キルギス説明会を開催します。参加をご検討の方はぜひお越し下さい。

日時 11月21日(月) 18:30〜19:30
会場 毎日エデュケーション
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 西コア9F  地図はこちら
■東京メトロ 東西線 「竹橋駅」 徒歩0分
  九段下寄りの改札を出て、「1b」出口階段の左手にある「パレスサイドビル入口」から9Fにお上がりください。
■東京メトロ 半蔵門線・都営新宿線 「神保町駅」 徒歩10分
■東京メトロ 東西線・半蔵門線・都営新宿線 「九段下駅」 徒歩13分
お申込 説明会参加お申込フォームはこちら
お電話でのご予約は、03-6267-4188  毎日エデュケーションまで。

治安について

治安について今回の訪問地においては2011年11月現在、大きな治安の混乱は生じておりませんが渡航安全を第一にキルギス情勢については情報収集に努めております。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

【研修企画・運営】
株式会社 毎日エデュケーション

東京都知事登録旅行業第3−6134号・一般社団法人日本旅行業協会正会員
〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル1階

【お電話でのお問い合わせ】
株式会社 毎日エデュケーション    担当:高橋・石渡
フリーダイヤル:0120-655153

【インターネットからのお問い合わせ】

ページTOPに戻る


会社情報

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188 (代表)
月〜金 10:00〜17:00

※毎日留学ナビ海外留学サポートセンターの営業時間はこちら

※インターネットからのお問い合わせはこちら